マンションの貯水槽の水、信用できますか?

毎日飲んでいるお水がどのようにして自宅まで送られてきているかを知っていますか?

山奥に住んでいない限り浄水場から送られてきているのですが、マンションなどの集合住宅の場合は給水方法も様々です。

マンションの場合「受水槽式」と言って浄水場から送られた水を貯水槽に貯めてポンプで各家庭に送る方式、または「直結増圧式」と言って給水管に増圧ポンプを取り付け、浄水場から送られてきた水を直接家庭に送るという方式があります。

最近では「直結増圧式」も増えてはきましたが、「受水槽式」のマンションがまだまだ多いのが現状のようです。

「受水槽式」の場合、浄水場から送られた水をいったん貯水槽に貯める訳ですが、その貯水槽に貯められた水は本当に安全と言えるのでしょうか?

10tを超える貯水槽には年に1回の清掃と水質検査が義務付けられていますが、貯水槽が10t以下の場合管理は建物の所有者に委ねられています。

もしも建物の所有者がその業務を怠っていたら、と考えただけで不安になりますよね。

また、劣化したままの貯水槽が使用されているケースも多いです。

貯水槽の耐用年数は15~20年と言われていますが、マンションの管理者が補修をしていないと、ひび割れから雨水が入ったり、害虫が侵入することも。

また、きちんと清掃業者に依頼しているケースでも、コケやサビなどの汚れがひどく、年に1度の清掃で大丈夫なのかと心配になります。

そして古いマンションの場合は、貯水槽から自宅の水道までの配管の劣化も気になるところですよね。

ウォーターサーバーなら、そんな不安は一切ありません。


サブコンテンツ

このページの先頭へ