大地震などもしもの時もウォーターサーバーがあると安心

数年前の大震災で、被災地の方が地震発生直後から現在まで一環して困っている問題、それは「飲み水の問題」です。

地震発生直後は水道が断水し、多くの方が飲み水の確保に困っていたそうです。

災害時の「水」はとても重要です。

一般的に生命の維持に必要な飲料水の量は、大人1人あたり1日3リットルと言われています。

また、災害で断水し、その後応急給水が始まるまでの目安は約3日間だそうですから、ウォーターサーバーがあればもしもの時、お水の心配がないことは大きな安心につながりますね。

ウォーターサーバーなら普段通りにお水を使いながらいつでも安全で新鮮なお水を備蓄水として使えますから、飲み水の確保に関する不安はなくなります。

なお、ウォーターサーバーは停電時でもお水を出すことができます。

もちろん停電時は冷たいお水やお湯は使えませんが、ウォーターサーバーにボトルがセットされている限りお水を飲むことができます。

一般的に災害時でも電気は比較的早く復旧すると言われていますから、電気が復旧がすればすぐに冷たいお水や熱いお湯が使えます。


サブコンテンツ

このページの先頭へ